野菜から最初に食べる

食事はかならず野菜から食べること

体重を減らすときに考えているのが食事の食べる順番です。
今までは全く考えたこともなかったんですが、これが意外に意味があったりするそうです。ようするに、食べるときに順番を意識することで、太りにくくなることがわかってるんだって。本当にちょっとしたことなんですが、このちょっとしたことで、体重が変わるのなら意識して行うことができると思います。

 

 

たとえば、
ご飯、魚、煮物、わかめ、きゅうりの酢の物、味噌汁、がテーブルの上に置かれていたら、まず最初に手を付けるのが酢の物。

 

その後に、味噌汁、魚、カボチャやご飯を後回しにする順番。

 

一品ごと完食する必要はなく、主食のご飯を口にするまで間を置くことが肝心とされています。一通り作法が住めば、あとは好きな様に食べる。

 

 

ただし、野菜や食物繊維がテーブルの上に置かれていた場合は、一番最初に野菜から食べること。これは血糖値を急に上げない食べだそうです。

 

結構重要で、消化しやすく、なおかつ血液の流れや心臓の動きなどにも関係するそうなので、ダイエットだけでなく健康的なことを考えても重要。

 

 

 

食事をした後に血糖値が上がり、いきなりと分の塊のご飯が書き込むと、急激に上昇する。急いで血糖値を下げるために、膵臓からホルモンのインスリンが大量に分泌されるのですが、血糖値が高い場合は脳が混乱して太りだすことがあるために、食事の順番を意識するだけでも変わるとされています。

 

 

一回や二回ではそう変わることはありませんが、毎日のように血糖値が急に上がる食べ方をすると、太りやすくなったり、心臓の動きにも影響すると言われているために、野菜や海草類を一番最初に食べることが重要になります。